よくある質問集

こちらでは、当院の施術やさまざまな症状に関してのよくあるご質問にQ&A形式でお答えします。
よくある質問集
仕事が忙しく、休みもなかなか取れません。仕事終わり20時以降で治療可能ですか?

ご安心下さい。当院の品川院・町田院は、22時まで診療可能です。もちろん、ご希望であれば当日治療も可能。さらに術後のアフターケアーに対しても22時まで対応致しますので、仕事帰りに来院→相談→治療→アフターケア→完治に至るまで行えます。『仕事が忙しく・休みの日は、家庭サービス・治療は家族に絶対内緒』こんな方に、ご好評頂いております。

薬の効果は永久に続くのでしょうか?

血行障害の緩和によって効果(勃起力強化)が出ても、その効果が永久に持続するわけではありません。また、お薬自体に興奮を高める作用はなく、勃起衝動が なければお薬を飲んでも勃起はしません。
勃起不全は精神的な要素が原因となっていることが多いため、お薬を何回か使用することによって性行為も充実し、精 神面も回復するケースが少なくありません。

年齢制限はありますか?

基本的には年齢制限はありません。ただし、障害のまったくない方の服用や特定の病気疾患のある方には、医師の診断によって処方できない場合があります。

早漏防止の効果もあるのでしょうか?

はい、お薬を服用することにより、早漏防止の効果も期待できます。

性病の治療中に性行為をしても大丈夫ですか?

いいえ。性病治療中は、たとえコンドームをしていても性行為は控えてください。パートナーと性病のうつしあいをしていては、せっかく治療しても無駄になります。
また、性的な興奮によって性器の血流が増して、ばい菌が体のより深くに入り込んでしまうため、マスターベーションもNGです。

性病治療中は洗濯物は家族と別にしたほうがいいですか?

性病の病原菌は人間の体から離れるとすぐに死んでしまうため、家族の洗濯物と一緒に洗っても病気がうつることはないでしょう。だからといってまったく気にしないのではなく、せめて汚れた下着はほかの衣類とは別に手洗いしてから洗濯機に入れる気遣いが必要です。
ただし、毛じらみ症の場合、虫は死んでも卵は生き残ることがあります。衣類乾燥機でしっかり乾燥させてから、掃除機で卵を吸ってください。

妻が性病に感染したものの、自分は自覚症状がまったくありません。

無症状症といって、自覚症状がほとんどなくても感染しているケースもあります。

性病の治療中はパートナーと一緒にお風呂に入ってはいけませんか?

他人と一緒にお風呂に入っても病気がうつる確率はとても低いでしょう。ただ、パートナーの立場から考えると避けたいのが事実かと思います。あまりお勧めしません。

ボールは何個入れるのが効果的ですか?

ボールの数・大きさ・デザインは、ご自身のペニスの状態やご希望・パートナーのご年齢などを考慮して決定しますが、3~5個の挿入が一般的です。

女性が痛がることはありませんか?

非常に稀ですが、パートナーが痛がる場合があります。そのような場合は、取り除かなければならないこともあります。

シリコンボールの素材は安全ですか?

当院で使用しているシリコンボールには、医療用シリコン素材を使用しているので安全です。身体に入れても害がなく、将来溶けたり変形したりすることもありませんのでご安心ください。

風俗で本番行為はしてないのに感染したんですが……?

性器同士の結合がなければ性病はうつらないというのは迷信です。実際にはオーラルセックスが性病の元凶あることをよく理解してください。

精力や性的能力が落ちたりしませんか?

パイプカットは、精子が出る精管を切断するだけの手術です。精子が出る管と男性ホルモンが分泌される器官とは直接関係がないため、精力や性的能力が低下することはありません。もちろん射精しなくなったり、絶頂感(射精感)が失われたりする心配もありません。

手術後に元に戻すことはできますか?

残念ながら元に戻すことはできません。術後1年くらいまでであれば、精管をつなげる手術によって再び妊娠させる能力を戻せる可能性はありますが、当院では行っていません。手術を受ける前には、パートナーとよく相談してください。

ボールは普段でも目立ちますか?

平常時には目立たず、勃起時に浮かび上がる仕組みです。普段はペニスがやや太くなった感じでボールが入っていることはほとんど分かりません。温泉などで他人に気づかれないようにしたい方は、だ円状のタイプをお勧めします。

コラーゲンやヒアルロン酸は体内に吸収されると聞いたのですが?

ヒアルロン酸もコラーゲンも、外部から注入したものは時間の経過とともに吸収されて減少してしまいます。ヒアルロン酸は半年~1年、コラーゲンは1~2年 が目安と考えてください。
ただし、注入したものが100%吸収されてしまうわけではありません。何回か注入を繰り返すことで持続期間も長くなります。ちな みに当院では、非吸収体で半永久的に持続するものもご用意しています。

亀頭や陰茎に注入しても害はありませんか? また、どの位の量を注入しますか?

施術に使用する液体はすべて医療認可を受けている医療用の液体ですので、ご安心ください。注入量には個人差がありますが、亀頭で1~3cc、陰茎で10~15cc程度です。ご予算に応じて段階式に追加注入することもできます。

術後は何日くらいで妊娠する可能性なくセックスできるようになりますか?

手術後しばらくは精液の中に残存精子が含まれる可能性があるため、マスターベーションなどによって射精させて残っている精子を排出してください。
手術後、約2ヵ月で精液検査を行い、精子が出ていないことを確認しますので、それまでは避妊法なしでの性交渉は控えてください。

早漏(そうろう)も包茎手術で改善しますか?

包茎の方は亀頭が長年包皮に守られているため敏感で射精が早い、いわゆる早漏(そうろう)になるケースが多いです。しかし、包茎手術後は亀頭が刺激に慣れるため、早漏防止の効果も望めます。

亀頭が大きくなると、どのようなメリットがありますか? 包茎も治りますか?

「先細りのペニスが気になる」という見た目のコンプレックスの改善にもっとも有効です。
その他に、亀頭が大きくなると皮がカリの部分に引っ掛かりやすく なりますので、軽度の包茎であれば改善が期待できます。また、早漏防止や女性に対してより満足感を与える性交時のパワーアップも期待できます。

当日から入浴・シャワーは可能ですか?

入浴は出来ませんが、シャワーを浴びることは可能です。

包茎手術の当日にセックスしても大丈夫ですか?

当日の性交渉は控え、どんなに短くても手術後3週間は安静にしておきましょう。
また、手術後5日間はアルコールも避けてください。

剥くことはできるのですが、無理に剥かなければならず痛いです。手術は必要ですか?

おそらく、強度のカントン包茎で真性包茎に近い状態のように思われます。
このような場合、放置すると亀頭の発育不全や包皮炎を起こします。また、性交渉にも支障をきたすことがあるため、早めの手術が必要です。まずカウンセリングにいらして、医師の判断を仰いでください。
カントン包茎は病的な症状なので、一刻も早く治療すべきです。

包茎手術後に皮が不足しませんか?

当院では、経験豊富な総院長が自らすべての治療にあたりますので心配ありません。
通常時と勃起時の長さの差をしっかり計測してから治療しますので、絶対に皮が足りなくなるようなことはありません。手術直後は勃起時にやや突っ張る感じがありますが、すぐに皮がなじんでいきます。

包茎を放置した場合、どんな病気になるのでしょうか?

包茎は亀頭部分が常に湿っているため雑菌が繁殖しやすくなっています。この雑菌が原因となってさまざまな病気を発症することになるのです。包茎によって発症する病気としては、下記のようなものが挙げられます。
・亀頭炎
・包皮炎
・尿道炎
・尖圭コンジローム
・フォアダイス
・陰茎ガン etc……

包茎は20歳を過ぎると自然に治ると聞いたのですが?

15~18歳くらいまで包茎のままだった場合、いくら大人になっても治る可能性はほとんどありません。自然に治ると思っている方も多いのですが、18歳を過ぎても包茎のままであれば、手術をしたほうがいいでしょう。

真性包茎は自分で矯正できるのでしょうか?

仮性包茎であれば、矯正器具を使用してある程度まで治すことができます。
しかし、真性包茎は包皮と亀頭が癒着していることもあり、自分で矯正するのは困難です。無理に矯正しようとするのはやめましょう。
治療をお考えの方は、まずは当院までご相談ください。

包茎手術に年齢制限はありますか?

成人であれば何歳でも大丈夫ですが、20歳未満の場合は原則的に保護者の同意が必要となります。同意さえあれば、小学生でも問題なく受けられます。

手術後の傷あとが目立ちそうで不安なのですが……?

当院が採用しているのは、「亀頭直下埋没法」「環状切除法」「根部切除法」という最新の治療法です。
包皮の色の違いや縫合面のギャザー、腫れなど起こさずに自然に剥けたような仕上がりになります。また、どうしてもキズが心配という方には陰茎の根元で包皮をカットする「性感温存根部カット法」もございますのでご相談ください。

手で剥けば剥けるのですが、包茎手術は必要でしょうか?

それは仮性包茎の状態で、包茎の方の8~9割がこのタイプです。
性交渉に支障が出ることはありませんが、衛生的でないことやそのままにしておくと亀頭の成長を妨げてしまうという弊害があるため、早めに手術したほうがいいでしょう。

包茎手術は痛くないですか?

誰でも痛い手術は受けたくないものです。
当院では、20年以上の経験と10万件以上の執刀実績を持った院長が治療を行いますので、ご安心ください。ほとんど痛みもない安全で短時間の治療をお約束します。